業務内容

自動車産業の発展とともに
#戦後10年弱、我が国が徐々に経済的な立ち直りを果たすにつれ、自動車が生活のあらゆる場面に活用され出しました。
そのような時代の流れの中、メトロ電装株式会社は昭和28年に創業、主に中・大型車両の電装系部品の開発、製造に携わってまいりました。
創業当時から、いすゞ自動車株式会社からの様々な部品の純正指定を受けております事は、弊社開発製品の品質が常に高度な基準をクリアしている事の証でもあり、そのクオリティーは当時から今日に至る半世紀以上に渡り維持されております。

常に高品質な製品開発を目指します
弊社製品は特に中・大型車に多く使用されております。
中・大型車両に置きましては、主に業務用として使用される事が殆どで、自家用乗用車のように特定の使用者が特定の環境で使用するのとは違い、不特定多数の使用者が様々な環境下で使用する事が想定されます。それはすなわち、より高度な耐久性・安全性をクリアしなければならない事に他なりません。
#また、弊社が扱う製品は基本的に電装関連の部品であります事から、その多くは主に運転者に直接操作される部分の製品となります。
故に、弊社では製品開発あたり、高耐久性、高性能はもちろんの事、操作の機能性、さらにはインテリアに関わる製品では見た目の品質の高さも常に考慮し取り組んでおります。
それら高品質な製品を可能な限り低コストでご提供する事する事が弊社の使命と考えております。

そして世界へ向けて、、
こうした業務の中、近年では中国・台湾・韓国等、海外の企業との共同出資による新会社の設立や、技術提携などにより、グローバルな展開で国内のみならず世界の自動車社会への貢献へ向けて歩み出しております。

中国 合弁会社、重慶百美実業有限公司
大韓民国 東仁電気工業株式会社と技術提携
台湾 合弁会社、上河工業股份有限公司
台湾 儒億科技股份有限公司と技術提携

#

未来への躍進
#今後自動車は益々電子的な制御が必要となり、ハイブリッドカーの目覚ましい普及に見れるように駆動エネルギーさえも化石燃料から電気エネルギーに変わろうとしております。
こうした未来に向け、自動車社会における弊社の役割は益々大きく、責任の重いものとなっていきます事を自負しております。
日本国内・全世界で自動車が安全に安心して、快適に運行出来るよう、常に慢心することなく努力を続けてまいります。

Nathalies mutter vom unterricht freigestellt den schuldienst geschwänzt, um beim dschungelcamp-dreh in australien dabei bachelorarbeit schreiben lassen zu sein.

関連サイトリンク